持ち前の行動力で活躍する大学生ブロガー「りっくん」!行動力の秘密を探ってきました

取材記事

「周りの目を気にして行動できません」
「友達が一緒じゃないと何を始めるのにも不安です」

おそらく、やりたいことがあって行動できない人は、このような状況にいることでしょう。

あなたがやりたいことや目標があって「行動していきたい!」と思っているのなら、ぜひ、この記事を読んでいただきたいです。

なぜなら、今回紹介する「りっくん」さんは、持ち前の行動力で20歳にして自分のブログで16万PVを獲得し、月収益50万円を達成している、「行動によって結果を出している人」だからです。


この記事では、「りっくん」さんの行動力の原点、モチベーションの上げ方をご紹介します


記事を読み終えれば、今日から自分のやりたいことや目標のために行動に移せるはずです!

りっくん|瞬間男子

瞬間男子の由来は「瞬間的に行動する」から。
行動スピードで生きる抜いて、天才に努力で勝つ!

ブログ「瞬間男子」を運営(画像クリックでブログにとびます!)

最大PV数(ブログが読まれた数)は16PVで、最大収益は月50万円
「読みやすさ」「見やすさ」は本人が自信を持てるほど!

また、YouTubeチャンネル「りっくん」も運営している

1.行動しない=死んでいる

まずは、りっくんさんに「行動しない大学生」をどう思うのかを聞いてみました。
あなたの大学生活がどれくらいやばいのかをまずは感じていただきたい。

 

行動できない人って正直どう思いますか?

厳しいこと言っていいですか?

どうぞ!現実を叩きつけてください!

真剣に生きる気ちゃんとあるのかな?
行動しないのは死んでることと一緒だよ。
もうちょっと優しく言うと、行動しないと何も変わらないよね。

人生一回だけなのに、行動しないのはもったいないですよね!

そう!多くの人は「いいことないかな?」って自分にいいことが起きることを待っています。
宝くじだって買わないと当たらないのに、自分で行動しないと何も変わらないです。

行動できない人は「周りの目が気になる」という人が多いですがどう思いますか?

周りに目を気にしている人は、人の意見や感情や気にしすぎです。

僕の周りでも「親が~」とか「友達が~」という人が多いです。

大学生はそうだよね。自分のことより他人のことを信用しすぎです。
特に「親が~」とい人は多いですよね。でも、親の言葉に従うことは幸せではありません。
「親孝行」っていうけど、子ども自身が幸せになることが最高に「親孝行」だよ。

親の影響って大きいですよね。
何でも従順みたいな人いますよね。

そういう感情を作ってるのは、親世代だよね。
でも、親が厳しくても工夫してやっている人はどこにでもいます。
結果を出して親を説得して、行動範囲を広げている人がいるから、「親が~」というのは甘えです。

りっくんさんがお会いした中学生のかるはださんは、親が厳しくても自分ができることを頑張っています。
近い将来、今の現状を打破して、バリバリ発信活動をしているところを見てみたい!

 

ポイント

・行動しないこと=何も変わらない
・人の意見や感情を気にする必要はない
・現状を変える努力をしている人はたくさんいる

2.行動すれば結果になることがわかった高校時代

ここからは、自らの行動力で結果をだしてきたりっくんさんの原点に迫っていきます。

 

りっくんさんは持ち前の行動力でブログを大きくしてきましたが、行動力の原点はありますか?

高校時代の影響が大きいですね。

高校時代はどんな学生だったのでしょうか?

受験に失敗して、偏差値37の動物園のような高校に入って、「この環境ヤバイ」って焦って、必死に勉強してました。

偏差値37?! 今のりっくんさんからは想像できません。

必死に勉強したら結果が出て学年1位になれました。
やればやるほど結果になる」というのは頭ではわかってたけど、「体感」で実感することができました。

この経験から行動すれば結果がでるってわかったんですね!

それと同時に周りの扱いが変わりましたね。
勉強するために、遊び全部断って周りから嫌われたりしたけど、最終的に捨てたものが全部返ってきました。

本気の姿が周りの目を変えたんですね!

何かを捨てるくらい本気になることが行動する上で必要です。
一番よくないのは、行動しようとしてるけど、本気になれずに中途半端になってしまうことです。
大学生は行動しようとしてる人は多いけど、友達と飲み会に行ってしまって、結局何も捨てれず、時間が食われてしまっています。
時間をかければかけるほど、成功するのが現実だから、何も捨てなかったら成功できるはずがありません。

学年1位になったあとも努力を続け、模試では偏差値70を取るようになれたんですよね?

偏差値90をとることもありました。
「行動すれば結果が出る!」ってこの時は確信してたから、勉強を続けて受験成功しました!

 

りっくんさんは、受験勉強の過程をYouTubeやブログで発信しています。
YouTube動画の再生回数は60万回!
りっくんさんの行動力が見える動画となっています。

 

ポイント

・何かを捨てるくらいの気持ちで行動する
・行動すれば結果が出ると信じて、とにかく行動
・あなたの行動は誰かが見ている、結果を出せばその分の見返りが

3.ブログを最優先にできたきっかけとは?

高校時代に「行動すれば結果が出る」ということを実感したりっくんさん。

ブログを始めて、すぐは結果がでなかったらしい。
なぜ、結果が出せるようになったのだろうか?

 

受験が終わってブログを始めたのですよね?何でブログを始めたのですか?

受験休みの時に「大学がやるべきこと」っていうブログを見てたら、ブログで生活している人がいることが分かったんです。
興味を持って調べていたら、実力の要素が大きいことがわかって、ブログを書き始めました。

「実力」は、学年1位や受験の成功が影響してますか?

受験が終わって有頂天でしたからね~。
実力の要素が強いなら、「行動すれば必ず結果がでる」と思っていました。

大学入学に入学すると、課題やテストがありますが、ブログの方は順調にだったのでしょうか?

6月くらいから大学が忙しくなったり、新しくバイトを始めて、ブログの優先度が落ちてしまいました。

いつ頃からブログに本気になったのですか?

夏休みになって暇になってからですね。
当時、マックブックおじさんの活動をしている人にマックブックを貰ってやる気がでました。それまで、オンボロのパソコンやスマホで書いていました。
それからはブログも多くの人に読まれるようになりました。

マックブックをもらえたことも行動力でしょうか?

行動力なんだけど、ぼくは他の人とはちょっと違った方法なんだよね。

どのような方法だったのでしょうか?

普通はTwitterのDMでマックブックおじさんにお願いするんです。
でも、タクスズキさんという方が「クラウドファンディングでマックブックの費用集めるのもよくない?」とツイートしてるのを見て、「面白そう!」と思って、自分でクラウドファンディングページを作ってお金を集めることにしました。
タクさんにクラウドファンディングのページを見せたら応援してくださいました。

実際にできるって行動力があるからですよね!
お金は集まりましたか?

残念ながら集まりませんでした。
ローンを組んで買おうとしてたら、タクさんが「ローン組むくらいならマックブックあげます」といってくださり、マックブックをいただきました。

行動力が認められたから、もらえたんですね!

この出来事をきっかけに優先度が変わりました。
マックブックもらって、「いい性能のものがあるんだから、行動すれば絶対に結果出せる」ってなりました。
最初は生活費を稼ぐためにバイト中心の生活だったけど、次第にブログ中心の生活に変わっていきました。

そこからブログに注力して現在にいたるのでしょうか?

そうですね。でも、ブログ中心の生活をしてたら1月にお金がなくなりました。
でも、バイトをしたくなかった。だから、本気で集中してお金を稼ぐことに専念しました。
ブログの時間を最優先したことで稼ぎ方も次第にわかっていき、現在に至ります。

 

ポイント

・やりたいことや目標を最優先にすることが結果を出す一歩
・行動のきっかけは逃してはいけない、まずはやってみることから

4.行動力を上げるモチベーションの高め方とは?

やりたいことがあっても、モチベーションが上がらなくて、続かないことはよくあること。

りっくんさんのモチベーションの上げ方を盗んで、あなたも結果をだそう!

 

行動を続けていくためにはモチベーションを保つことが必要ですが、りっくんさんはどうでしたか?

モチベーションの波には、けっこう悩みました。
ぼくは、やるときはとことんやるけど、やらないときは本当に何もしないんです。
最近はモチベーションの波を改善するために、自分がどうしたら常にパフォーマンスをだせるかを考えています。

高いパフォーマンスを出せる時は掴めましたか?

一番パフォーマンスが出せるのは、目標が明確にある時です。
目標がしっかりしているとモチベーションが上がります。
例えば、一ヶ月後までにTwitterフォロワー1万人という目標立てれば、それに向かって何をやるかが見えてきて、とにかく行動できます。

インタビューから数日後、本当に1万フォロワー達成されていました。

ぼくは、1万フォロワーまでの経緯を見ていましたが、
1万フォロワー直前のタイミングで前述のマックブックを譲り渡すというツイートをしていました。

りっくんさんは、行動しまくっているのでどのようにすれば、結果がでるのかわかっていますね。

さあ、さらに聞いていきましょう!

 

 目標の立て方のコツはありますか?

具体的であること、期限があること、ゴールまでにやることを細分化することです。
よく大学生でありがちなのは、起業するという抽象的な目標はあるけど、どういうサービスを作りたいのか、いつまでに達成したいのか、何をすべきなのかがわかってませんね。

りっくんさんのツイートは期限付きツイート多めです。

この時からどうしようか考えていたはず!

たしかに、できる人って目標が具体的でやることが見えてる人が多いですよね。

普通の大学生は抽象的な目標の成功を想像してばっかで、今できることが見えていません。
でも、抽象的な目標を根底に持っておくことも必要です。
僕はお金にあんまり興味なくて、「目立ちたい」と「ストレスフリーな生活をしたい」って抽象的な目標があります。
そのために何が必要と考えたら、ブログを書くという具体的な目標がでてくるんです。

抽象的な目標があれば、自分に合わなかったらやることを変えられますね!

そうなんだよ!
だからこそ、抽象的な目標と具体的な目標を持つことが大切なんだ。
あと1つ、僕は目標を立てた時に「ハッタリ発信」というのをするんだ。

「ハッタリ発信」!?教えてください!

目標をとりあえず宣言して、ゴールまでの段階を発信していきます。
何がいいかというと、宣言した時点で目が向いて、過程を発信しているうちに、見ている人が「すごい!」と思ってくれる。目標を達成したらファンになってくれる人が増えるんです

りっくんさんは彼女さんがいらしゃいますが、予定外のことが起こるとモチベーションに影響しませんか?

そうなんですよ、彼女といると彼女を優先しますからね。

どうしていますか?

よく考えたら、「彼女といる時に作業するのが根本的に悪い」って気づいたんです。
じゃあ、どうしたらいいか。
彼女のいない午前中に作業してます。午前中に記事を書くためにどうしたらいいか考えたら、その日に書くことは前の日の夜に決めておきます。そうすれば、午前中に記事を書くことに集中できます。
午後は彼女と会ったり、作業したり、自由な時間にしています。

時間の使い分けでやることを決めて、モチベーションを保たれてるんですね。

大学生は友達に飲みに誘われるなどの予定外のことが起こりますが、どう対処すればいいですか?

僕は、本当に仲の良い友達以外は切りました。自分と同じくらいの人といても成長できません。
ありえへんくらいすごい人と一緒にいた方が、モチベーションにつながります
おそとさんは、ぼっち大学生だから最強じゃん!行動を蝕む鎖がないじゃないですか!

そうですね!

大学の友達を大事にするより、結果出してすごい人と仲良くなれたほうがよくないですか?

たしかに!

本日はありがとうございます。最後に一言お願いします。

目標を言うことは簡単です。
やることに価値があります。
目標がある人は今すぐ行動してください!

 

ポイント

・目標の立て方は、具体的・期限付き・やることの明確化
・行動する時間を定めてみよう
・1人になるくらい強い気持ちを持て

さいごに

今回は、りっくんさんを取材し、
〇行動力の上げ方
〇行動力を高めるモチベーションの保ち方
を教えていただきました。

やりたいことや目標がある人は、この記事を読んで、すぐに行動に移してください。
まずは、そこからです!

 

りっくんの情報はこちらから↓↓↓ 

すべてフォローして、まずはりっくんの行動力を盗め!

 

りっくんを取材したおそとのTwitter↓↓↓

Twitter  「@osoto0408」

僕が取材したいだけなのですが、取材されたい人を募集中です!

 

※本記事で使用している写真はすべてご本人様の許可を得て使用させていただいております。