総務一筋から営業に!突然のキャリアチェンジに対応した西村さんに迫る!

インタビュー

今回のインタビューは、総務の仕事を10年経験した後に、異色の営業へのキャリアチェンジをなさった”西村好美さん”です。

総務や営業の仕事について迫っていくのはもちろんのこと、思いもしなかったキャリアチェンジに対応した西村さんの考え方にも焦点を当てていきます。

この記事を読めば、総務や営業としての仕事のやりがい、キャリアチェンジにどう対応していくかがわかるかも?

西村好美さん

渋谷のITベンチャー企業の新米営業
前職の広告制作会社から現職まで”総務”1筋10年だったが、現在は営業を担当している
趣味は仕事と食べ歩き

1.会社全体を支える総務という仕事

10年間総務として働いてきた西村さんに総務をどのように捉えているのかを聞いてみました。

総務として働き始めた西村さん

西村さんは10年間、総務として働いてきたということですが、始めから総務がやりたかったのですか?

専門職でないと選べる仕事は限られてきます。何のカラーもない大学生は一般職しか選べなくて営業か総務という選択肢でした。営業は自分が前にでるからやりたくなかった。だから、消去法で総務でしたね。

働いてみてどうでしたか?

前職の職場がクリエイティブな人たちがたくさんいた環境だったので、「この人たちのパフォーマンスをもっとあげたい!」と思うようになって総務の仕事が楽しくなりましたね。

クリエイティブな人たちを支えることに面白さを感じたんですね!

私は高校時代演劇部だったのですが、裏方がいないとどんなに芝居が上手い人がいても、いいタイミングで照明が当たっていいタイミングで音楽が流れてぴったりな小道具がないと芝居が活きないんですよ。裏方がいい仕事しているとより役者の芝居が引き立つ。演者だけいてもだめでそのまわりを固める裏方が総務の仕事と重なる部分があってだんだん面白くなっていきました。

総務の仕事について

多くの人が目立つクリエイターの様な職に憧れる中で総務という仕事をどういう風に捉えていますか?

総務は自分たちで売り上げを稼ぐわけじゃなくて、みんなが稼いできたお金の中からお金を使う側なんです。目立たないし嫌味を言われた時もありましたが、役割分担の違いで他の業種の方たちが集中する環境を作るためには、細かい事務処理や会社としてやらなくてはいけない作業を総務がやらないとパフォーマンスに集中できないんです。

雑務に追われていたら自分の仕事に集中できないですよね…。

そうなんです。前職はデザインのクリエイターがたくさんいる会社でしたが、その人達が活躍するためには道具がそろっていないといけない。道具をそろえるのはその人たちの仕事ではない。私たちも総務のプロなので、クオリティの高いプロとプロが仕事をしたら仕事のクオリティって上がるはずなんです。万全の体制を限られたお金の中でできるだけパフォーマンスを発揮するのにいい環境を作ったり道具をそろえたりすることで、その人たちの仕事のクオリティもどんどん上がっていくので役割分担の違いと思っています。

なるほど…。

そして、会社全体に貢献できる仕事って他にないですよね。クリエイティブな人は自分の作品のクオリティを上げることはできる。営業の人も自分の売上をとってくることはできる。だけど、総務だったら全員が良い状態なるように、全員がダメな状態を防ぐことができるという全体に関われるところが面白いですね。

全体を見ているからこそ気を使える部分がありそうですね。

大きいことをしようと思うと誰かと誰かの間の仕事、誰での仕事でもない仕事っていっぱい生まれてくる。誰の仕事でもない仕事をするのが総務の仕事だと思っているので。誰の仕事でもないけどやらないと前に進まないことってたくさんある。それに関わるのが面白いと思います。

みんながやりたがらない仕事が会社を支えているんですね

人がやりたがらない仕事ってたくさんあるけど、私にしかできない仕事って専門職でないのでほとんどないと思っています。だけど、私くらしいかやらない仕事ってたくさんある。みんなやりたいことは一緒でやりたい仕事の種類ってみんな似てる。成果がわかりやすい仕事とか好きなことを仕事にしたいで似通ってる。その中で競争しようと思うとすごい大変で…。

そうですよね…。

私の生存戦略の一つとして、やったらできるんだけどなるべくやりたくないことはいっぱいある、それをやることに私は抵抗がないのでどんどんしています。そのおかけでめちゃくちゃ感謝されるし、仕事がいつまでたってもなくならない。そうすると会社員として生き残れる。

僕も高校時代に文化祭で裏方をやって感謝された経験があるのでわかります。

見てくれる人はたくさんいるし、報われない仕事では全然ないですよね。

2.突然の営業へのキャリアチェンジ

総務を10年間やってきた西村さんは思いもしなかったキャリアチェンジで営業職に。総務として10年間働いてきた西村さんが営業で得たものとは?

営業職となった西村さん

総務を10年やってきていきなり営業になり驚きはありましたか?

驚きというかショックでした。私は総務で一生食っていこうと思っていたし、天職だと思っていました。すごい楽しかったし、もっとできるようになりたいっていうモチベーションもありました。ここへきて営業というやったこともない、できるならやりたくない仕事に充てられたから、けっこうショックでした。だけど、一瞬でも考えたらやりたくないって思ってしまうから「やってもらえませんか?」って言われたときは脊髄反射で「社会人なので何でもやりますよろこんで!」という感じでしたね。

環境が変わる中で困ったことや心の変化はありましたか?

総務は基本的に社内で働いているので外の人と話す機会ってないんです。だけど、営業は今まで接点がない取引先の人と始めて会う。それがめっちゃ疲れましたね。新卒で経験をすれば体が慣れてくるからいいのですが、30過ぎているので慣れるのにめっちゃ苦労しました。

苦労する中で営業の良さは見つかりましたか?

総務だった時は間接的にしか情報を得ることができなかったんですけど、直接何かが起こっている部分がみれて本業の直接の部分に関われるのは面白いと思います。コミュニケーションとる機会も今までは総務の人としてかかわってきたけど今は営業の人としてなので、現場の動き方や現場に必要な情報がリアルにわかるのは面白いと思います。

営業になってよかったですか?

あいからわず総務には戻りたいですけど、総務に戻ったとしても営業を経験したのは大きいと思っています。元々営業職だった人が事務職に移るってよくあるんですが、総務から営業に行く人ってけっこう珍しいんですね。だから、1個武器を持ててよかった。実際、営業を経験してて営業の視点からみたものをちゃんと自分で体験してやれたというのを武器にして、また総務に戻れたら今までとは違う視点が持てますからね。

総務としての誇りを持っているんですね!

でも、営業としても成果はちゃんと残したいですね。私には一般的な営業職の正攻法のやり方では成果をあげることができない。まったく違うキャリアなので、自分と同じくらいの年齢の営業さんと同じ成果はだせない。その分、自分なりの方法で結果が出せればいいのかなって思います 。

キャリアチェンジの捉え方

西村さんはキャリアチェンジを前向きに捉えていますが、もし自分の前になりたかったものとは違うキャリアの人がいたらどうアドバイスしますか?

「自分がやりたかった仕事じゃない…」って腐っているといい仕事は絶対できないんです。仕事ができないと周りに評価してもらえないから余計に環境が悪い方に転がっていきます。だから、開き直ってその仕事を面白がる努力をした方がいいです。どんな仕事でも面白いポイントって自分なりに見つけられるはずだから、その仕事を面白くする努力をしてポジティブにその仕事に向き合っていると楽しいし、周りの人も前向きにやっているなって思ってもらえます。そうすると結果がついてくるから評価がよくなって環境もよくなる。いいスパイラルをつくれるといいですね。

落ち込んでいたら自分のやりたいことができるチャンスも失っちゃいそうですよね。

そうですね。そして、腐る癖をつけちゃうとどんな仕事をするにもいい結果を出すのにすごい時間がかかると思います。

まずは自分の置かれた場所で楽しむことが大切ですね!結果をだしたら自分になりたかった職になれるかもしれませんね。

そうじゃなくても転職活動するときにいいと思っていて、自分がポジティブに仕事に向き合ってきた姿勢を相手の人に伝えられますよね。ちゃんと説得力を持たせられる仕事をしていたら転職するときすごいやりやすいだろうし、自分の希望するところに行きやすくなります。

3.西村さんの今後のキャリアは

総務と営業を経験した西村さんは今後のキャリアをどうように考えているのでしょうか?

今後のキャリアについてどう考えていますか?

私はチームで仕事をするのが好きです。みんなででっかいことがやりたい。だから、引き続き会社員をやりたいと思っているし、自分の仕事がなくなってしまったり、必要だと思われなくなるのは嫌だから、自分なりに向き合って自分なりに面白いと結果を出し続けられればと思っています。

なるほど!僕はクリエイティブ系を目指してこのようなお話しを聞く機会がなかったので勉強になりました。

クリエイティブな道に進む時にはいいパートナーに巡り合うことが大事だと思っています。そういう人がいないと雑務に追われて仕事ができない。いい環境でいい人たちと仕事ができたらパフォーマンスはどんどん伸びていくと思うのでぜひそういう環境といいご縁があればいいですね。

ありがとうございました!

さいごに

今回は西村さんにインタビューさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

西村さんのように何事もポジティブに捉え働く姿はカッコイイですよね。

自分が理想としていない環境で働くことがこれからあるかもしれません。
みなさんも西村さんのようにポジティブに捉えて自分の立ち位置をいい方向に持っていけるといいですね。

西村さんの情報はこちらから↓
Twitter→ 「@ysm_nsur」

西村さんをインタビューしたおそとのTwitter↓
Twitter→ 「@osoto0408」

西村さんはもう1記事出る予定なので、Twitterをフォローして記事をお待ちいただけると幸いです。

また、インタビュー依頼も受付中!
TwitterのDMからお気軽にご連絡ください。